高次脳機能障害相談・サポートに特化した交通事故専門事務所


まず最初にご覧ください
後遺障害のサポートについて
無料サポート

サポート事例
高次脳機能障害の症状

高次脳機能障害に関する諸手続

高次脳機能障害相談

高次脳機能障害の相談

Adobe Flash Player を取得
再生できない場合はyoutubeでもご覧いただけます。
このようなかたは高次脳機能障害かもしれません

交通事故当時の状況
スペース
症状 受傷時、長時間の意識がはっきりしない状態が続いていた
後遺症の違和感
(家族からみて会話が成り立たない、違和感を感じていたなど)
スペース
脳挫傷 脳挫傷、びまん性軸索損傷、脳出血などと診断された
スペース
現在の状況
障害
記憶障害 昨日のこと、少し前のことを覚えていない
意欲減退 新しいことをする意欲が湧かない
感情減退 感情がとぼしくなった
高次脳機能障害 激高しやすく些細なことで怒りやすくなった
無為 一日を無為に過ごしていることが多い
スペース ひとと接することを避けるようになった
高次脳機能障害 一度に複数のことを同時にできない

こんな不安や心配はありませんか?

治療リハビリへの不安
リハビリについて
スペース
疑問 からだのリハビリしかしてもらってないけど大丈夫?
機能障害について大丈夫か 主治医が高次脳機能障害のことにあまり詳しくない。大丈夫?
これから 病院から退院をすすめられている。これからどうすればいいの?
スペース
保険会社への不安
スペース
保険会社の対応 事故にあったばかりで、今後の保険会社との対応が不安
高次脳機能障害 担当者との対応でストレス!無神経な対応が不満!
お任せする相手 後遺障害の申請を保険会社にまかせてもいいの?
スペース
補償・後遺障害認定への不安
スペース
診断の不安
高次脳機能障害 主治医から後遺障害が残るかもしれないといわれた。
高次脳機能障害 主治医から後遺障害ではないといわれた。
確認 きちんとした後遺障害等級の認定を受けるにはどうすればいいの?
補償 どれくらいの補償が受けられるの?
解決まで 解決までの道筋が知りたい。

 

高次脳機能障害とは?
スペース
記憶障害 記憶障害(前日のこと、少し前のことを覚えていない等)
意欲減退 失語症(考えたことを言葉にできない、計算ができない等)
感情減退 注意障害(集中力の欠如、こだわり等)
高次脳機能障害 遂行機能障害(計画を立てる能力の欠如、効率よく行動できない等)
高次脳機能障害 感情のコントロールができない
無為 物事への無関心
スペース 失行(物の使い方がわからない、箸やスプーンが使えない等)
スペース 失認症(見落としが多く片側に気付かない等)
スペース
他にも様々な症状があります。
スペース
適切な後遺障害等級認定を受けることができないとどうなる?

高次脳機能障害での後遺障害等級は常時、随時介護が必要な状態で1級、2級の可能性が、それ以外の場合では3級、5級、7級、9級と様々な後遺障害等級の可能性があります。

認定等級で受け取れる補償 認定等級で受け取れる補償はこんなに変わります


参考事例:受傷時30歳男性の場合

注1:損害賠償額は参考事例での概算ですので年齢・性別の他様々な要素で変わります
注2:賠償額総額は認定時に受け取る自賠責からの補償を含めた額になります

認定されないと 高次脳機能障害として認定されないと。。。

高次脳機能障害

高次脳機能障害の症状が残っていても全く補償されないことも。。。

※異議申立は何回でもできますが、最初の申請内容を覆すことが他の後遺障害と比べても困難ですので、極力最初の申請でベストの状態で申請することが重要です。(当事務所では異議申立でも多くの場合で前回認定を覆した実績があります)

高次脳機能障害

認定されないと 主治医の先生に後遺障害診断書を依頼する前に、立ち止まって考えてください

後遺障害の立証、症状の程度についての評価、申請に必要な資料収集など全て適切にできていますか?

高次脳機能障害

認定されないと あせる必要はありません!!

保険会社担当者はあらゆる方法で、後遺障害診断書の作成を急かして、申請手続きを自分たちで進めようとします。
つまり、後遺障害等級認定こそが最終的な損害賠償額を大きく左右するものであることの証左であるとも考えられます。
後悔をしないようにじっくり考えて、後遺障害認定手続きを進めることをお勧めします。

高次脳機能障害

認定されないと より適切な後遺障害等級認定のためには、専門事務所のサポートが必要です

充実の高次脳機能障害サポート
サポート1 後遺障害立証サポート
サポート2 病院の紹介(必要に応じて)
サポート3 病院同行
サポート4 制度の紹介
サポート5 各種専門家の紹介(弁護士、社会保険労務士等)
サポート6 ご家族のケア(NPO団体、家族会と連携)

当法人のサポートは症状固定前からの随時の相談対応から納得のいく後遺障害等級認定まで、また交通事故の補償問題だけでなく、被害者自身やご家族にとって必要なサポートや相談対応を提供致します。
私たちの理想とする被害者サポートでは適切な後遺障害等級の認定を得ることはもちろん、私たちにご依頼頂く事で、交通事故問題、公的手続き、他のご家族の情報入手など、必要なサポート、情報をまとめてご提供することにより、被害者やご家族が治療やリハビリに専念できる環境をつくることを常に目指しています。

高次脳機能障害サポートを受けることで

記憶障害 ご自身、ご家族のもやもやをスッキリにします
事故による後遺症
意欲減退 交通事故問題解決までの道筋をつけます
スペース
感情減退 適正な評価での後遺障害等級認定を獲得します
激高しやすくなった
高次脳機能障害 検査結果をもとに交通事故の補償以外にも様々な手続きを進めていただけるようになります
スペース

後遺障害等級認定後はどうなるの?

当法人のサポートは後遺障害等級が認定されれば業務終了。ということはございません。

必要に応じて他の専門家の紹介や引き継ぎ、その他ご本人やご家族に必要なアドバイスを随時無料でさせていただきます。

(当事務所の認定サポート業務が完了して1年以上経ったかたからも今でも必要に応じてご相談いただき、その都度できる限りの対応をさせていただいています)

契約のサポート業務が終了したあとも、必要とされる限り常によきアドバイザーであり続けることを心がけています。

本人やご家族が平穏な生活を取り戻していただくこと、これが私たちのサポートの一番の目的であり常に心がけている到達目標です。

高次脳機能障害相談

高次脳機能障害のご相談は

なるべく早い時期からのご利用をお勧めします。

当事務所の相談はすべて無料ですので、お気軽にご利用ください。 早い時期に、今後の流れを把握することが適切な対応の第一歩です。

高次脳機能障害相談のご利用方法

全て年中無休で、相談対応しています。

全ての相談サービスは無料でご利用頂けます。

•電話相談

電話でお気軽にご相談頂けます。 交通事故に遭って間もない時点、治療が終了した時、受傷から10年以上経過している時などどの様な時点からでもお気軽にご相談ください。

•メール相談

電話相談の時間帯に相談出来ない、ゆっくりポイントを整理して相談したい、といった時にご利用ください。
メール相談で、相談後、あらためて電話相談をご利用頂く事も可能です。

• 面接相談

面接相談は、事前のお申し込みが必要です。
また、お申し込み の際に簡単に概要をお伺いして、面接相談可能な事案か判断をさせて頂きます。

高次脳機能障害面接相談は、 他の相談サービスと同じく無料でご利用頂けます。更にご自宅やご自宅近くの喫茶店など、ご相談者さまにご負担がかからないようご提供させて頂きます。その際の当方スタッフの交通費、日当なども一切頂きません。

面接相談を受けられても、必ずご依頼頂かなければいけない、という事もございませんので、お気軽にご利用ください。

被害者支援活動
比べてください
事務所・拠点案内
スタッフブログ
姉妹サイト
相談専用サイト 後遺障害サイト
事務所概要

高次脳機能障害専門サポート

行政書士法人 交通事故・後遺障害サポートセンター
「交通事故に遭ったとき、高次脳機能障害等の後遺障害が残りそうなときは、なるべく早めにお気軽にご相談ください。」
TEL:050-5810-0512
相互リンク集
Copyright © 2002-2012 高次脳機能障害相談の行政書士法人 交通事故・後遺障害サポートセンター All rights reserved.